大阪府 屋上キュービクル 水切り改修工事

2022/05/30

 今回の現場は大阪門真市にて

屋上キュービクル部分  水切り改修工事を行いました!


【屋上 キュービクル】


既存の水切りは撤去を行い

躯体部分と高圧電流の線があるラック部分まで

水切りの取り付けを行います。



今回施工する水切り部分は

点検を行う際に水切りの上に人が乗るということでしたので

2.3mm(ZAM鋼板)の水切りとZ型水切り取付金物を使用します。

また、自社の曲版機では2.3mmの板は加工が難しい為

協力会社に制作を依頼しました。



【水切り 施工】

躯体部分に水切り取付金物を取り付け

コーナー部分から水切りを施工していきます。

金物の取り付け時には、キュービクル内の熱を冷ます為

金物と金物の間に100mmの間隔を取り

キュービクルへと空気の通り道を作っておきます。



コーナー部分を取り付けたら

間の水切りとラック部分の水切りを施工していきます。


水切り取り付け後は

継手部分や角部分へシールを行い

施工完了となります!!




今回はZAM鋼板2.3mmで製作していただいた水切りを

屋上キュービクルの躯体、ラック部分への取り付け工事を行いました。

不具合や怪我などもなく

無事、綺麗に収めることができました!


【工事内容】

・水切り取り付け工事
・ZAM鋼板2.3mm使用